保健事業のご案内
ホーム >  保健事業のご案内 >  人間ドック健診
人間ドック健診
実施要項(全員共通)
 【実施期間】 8月〜11月(令和2年度より11月まで延長)
 【対象者】 受診を希望する40歳以上の本人と扶養家族。
40歳以上とは、その年の4月1日から翌年の3月31日までに40歳に到達する人を含みます。
会社の成人病健診を受診した場合には申込できません。
契約施設で受ける人
 【申込方法】 5月中に「人間ドック健診申込書」を配布します。
希望者は必要事項をご記入の上申込書を提出して下さい。
自己負担額を給与控除するため、申込書の提出は会社を通して行って下さい。
 【契約施設】
神奈川県内
その他各事業所ごと
 【自己負担額】

本人

20,000円

扶養家族

23,000円

自己負担額は11月分給与から控除されます。

 【窓口での精算】 受診料は、病院より直接健保に請求されます。
婦人科等のオプション受診を除き当日の精算は不要です。
 【受診日の変更】 健保組合への連絡は不要。当初決定した受診日を変更したい場合には、直接病院へ連絡し日程の調整を行ってください。
変更の際も8〜11月の実施期間にして下さい。
期間外は健保補助対象外となります。
 【受診の取消し】 健保組合への連絡が必要。受診を中止する場合には、ご自身で直接病院へ連絡し予約の取消しを行ってください。又、その旨を健保組合へご連絡ください。給与控除をストップ致します。
契約外施設で受ける人

自己負担額の給与控除はありません。
市区町村の行う健診は対象外。

 【申込方法】 受診者本人が直接申込。
(健保経由での申込とはなりません)
 【窓口での清算】 受診者本人が支払う。
補助金を、後日健保へ還付請求して下さい。
 【自己負担額】

本人

20,000円

扶養家族

23,000円

 【還付方法】

明細のわかる領収書の原本を健保組合へ送付

受診料が自己負担額を越えた場合、健保補助金を上限として、給与に上乗せの形で還付します。

受診料が自己負担額以下の場合、健保補助金はありません。

 【健保補助金】

本人

24,000円

扶養家族

21,000円

海外の医療施設での受診

海外の医療機関等で受診した場合、海外療養費の申請と同じく現地で支払った領収明細書の原本と各健診内容のわかる日本語訳(訳者の署名・捺印したもの)を必ず提出して下さい。